歌えない「茨城県民の歌」

東京夕刊が「歌えない」茨城県民の歌を記事にしていました。
3番の歌詞がひどいことになっています。

 「世紀をひらく原子の火
 寄せる新潮鹿島灘
 この新しい光をかかげ
 みんなで進む足なみが
 あすの文化をきずくのだ
 いばらきいばらき
 われらの茨城」

を疑問視する内容です。
I県は変える予定はないらしいです。

30年以上住んでいて茨城県民の歌があることさえ知りませんでした。
< http://www.pref.ibaraki.jp/profile/kenmin_song.html >
HPによると広く県民に愛されているそうです。
変える予定がないのなら、いっそ2番までにしてしまえば、と思いました。

おしまい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック