人間らしさで事態の解決を

 貯水タンクの不備より、汚染水が漏れ出している東電福島第一原発。
 そんな事件が収束の兆しさえ見えていない中、政府は停止した大飯原発を改めて稼働する方針を打ち出しました。

 「毒を食らわば皿まで」というけれど、15万人もの福島県民が避難生活を送り、現場では汚染水処理と格闘している作業員が沢山いるというのに、あろうことか諸外国へ原発を売込んでいる人々もいます。
 いったいどんな神経をしているんでしょうか。

 壊れた場所も修理ができず、汚染水や廃棄物処理もすべて先送りの状態が果てしなく続いているんだよ。
 普通の考えなら稼働はしないし、新たに作ることもありえないじゃん。
 ところが企業の利益や軍事が関係してくるとこの、当たり前の道理はもはやどうでも良くなってしまうようだ。

 シリア問題で、力尽くで解決しようとするアメリカも然り。
 イラク戦争の時と同じですねぇ。加えて我が国の政府が、いちはやくアメリカとの緊密な連携を表明するあたりも当時とそっくりの構図となっています。


  ”普通の考え”の人々による原発廃止や米軍墓地撤退を求める闘いが各地で行われています。そのことに物事の心理や人間の尊厳を見いだしていきたい。
 そして一見、複雑、難解に見えがちな社会、政治の現実を正しく認識して、自分自身も”その日”がくるまで、人間の当たり前の価値観としてのヒューマニズムを発信し続けていきたい。


「成長戦略」
言葉自体は夢があるんだけど・・・・
おしまい。
       

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック