ジャガイモのガレットを食べながら福島をおもう


福島の原発で事故が起きた当時、汚染水が漏洩するのを防止するために、
陸側と海側の地中に、地下水の遮水壁を設けることが検討されていたのですが、
政府と東京電力は陸側遮水壁は1000億円かかる〟という理由で
海側だけの設置となってしまいました。
画像


その結果、放射能に汚染された水が1日最大600トンも海に漏れてつづけています。
「収束作業」を値切ったばっかりに、今のこの危機的状況があるんです。
政府・東電は、当時の判断ミスと認識し、「収束宣言」を撤回し、
「非常事態」宣言を発動するなど、全力で対応してもらいたいですネ。
 原子力ムラの専門家だけに任せるのでなく、
様々な分野の見識者の英知を結集し体制を整えるべきと思います。
画像

もちろん日本中の原発は廃炉、再稼働計画は即時中止は、いうまでもありません。
これ以上、国民を危険な目にあわせないで下さい。お願いします。


などと思いつつ今夜のメニューはコレ!
画像

見た目は今一だけど、
外はカリカリ、中はモチモチ

ジャガイモ(2コ)の千切りに塩とこしょう
そしてほんの少し小麦粉を入れてかき混ぜます
あとはフライパンでバターを溶かし焼くだけ

両面焼くのにひっくり返すのが少し大変だけど
多少直径が大きくても鍋ぶたを使うとうまくいくよ

ケチャップをたっぷりかけていただきます

画像



・・・・・地球上に原子力は必要ないんです

おしまい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

 福島県が原発事故当時18歳以下だった子どもを対象に行っている甲状腺検査で、新たに6人が甲状腺がんと診断したことが報道されています。
 甲状腺がんと診断された子どもはこれまでの発症者と合わせて18人。
 福島県では「現状では原発事故の影響とは判断できない」としながらも新たに専門の部会を設けて、原因などの検証を進めていくことを決めています。

 そうです、放射性物質は子どもの甲状腺に蓄積して、がんを引き起こすおそれがあるんですねぇ。
 事故当時18歳以下だった子供はおよそ36万人、検査を行ったのは21万人、3分の1以上が検査を終えていません。
 この検査こそ第一優先で行わなくてはならない復興事業だと思います。
 不幸にも発症してしまった子供に対して全力でその処置に当たるべきです。
 未来を担う罪のない子供の健康を奪うことは許されません!

 地球上に原子力は必要ないです

この記事へのトラックバック