主権回復を求め 真の独立国へ!

【1952年4月28日】
 サンフランシスコ条約が発効したことによって、約7年に及ぶ米国の占領から解放され、日本は見かけ上の独立国となりました。
 今年、日本政府はこの日(4月28日)独立記念日として「主権回復の日」を開催し、”お祝い”を行うことを決めました。

 しかし実質的には米国の従属国の地位に縛り付けられる「従属と屈辱の日」であったということを日本は忘れてはいけません。
【1952年4月28日】
 沖縄、奄美、小笠原は日本から切り離されてしまい、米国の支配下に置かれしまった”日”でもあるのです。
 サンフランシスコ条約と同日発効した日米安保条約による国家主権・国民主権の侵害、「対米従属」の実態、沖縄の植民地的実態は現在でも続いて、独立国とはとても言い難い状況になってはいないでしょうか。

 これら”切り離された”地域のみなさまの感情を逆撫でするような”お祝い”の前に、真に独立国としてやらなければならないこと沢山あるのではないでしょうか。

普天間基地移設、オスプレイ日本国内配備容認、TPP参加・・・・
課題は山積です!

画像
マスメディアのお偉いさんと飲んでる場合じゃないんですよ!
しんちゃん、ココでもアベコベノミクスですネ(困)

おしまい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック